看板を上手に作って売り上げアップを目指そう

お店の売り上げをアップさせる為に、最も重要なアイテムとするのが看板です。これから制作しようと思っている方は見えやすい、目立ちやすい、内容がわかりやすいという事を意識しながら制作していきましょう。まず制作する前に見えやすい場所はどこなのかを把握しておきましょう。その場所に合わせてサイズを決めていきます。大きく作りすぎても入店、通行人の邪魔になると返って逆効果ですので、100m先からでも看板とわかる大きさにしておきましょう。そして目立つようにと派手にするだけではあまり効果的ではないので色々な趣向を凝らすと良いでしょう。その事で人々の目に止まる機会も多くなります。一番重視するのが内容の分かりやすさです。文字で伝える場合は余白や文字の大きさに気を配りましょう。写真を利用する場合は綺麗に撮れている物を使用しましょう。特に飲食店のメニューでは見た目で判断する事が多いので、美味しそうに撮れた写真を利用しましょう。

屋外看板の変遷と表現の制約

屋外広告の代表的なものに看板が挙げられますが、物心ついた頃には薄い鉄板やホーローに商品や人物キャラクター描かれたものが主流でした。時間の経過とともに色褪せたり錆びたりしていましたが、人の手が描くアナログ作品のため、表現出来る内容に制約はありませんでした。田舎の方で物置の壁に貼ってあるホーロー看板には、今でも懐かしさを覚えます。時代は変わってネオン管が使われるようになり、視界に入る情報の殆どが画ではなく文字やロゴマークの時代となりました。下地に描かれた画の縁をネオン管が囲み、色を変えながら照らすという事で、画全体をネオン管で照らすようになったのはかなり後だったと記憶しています。都会ではきらびやかな風景を醸し出しており、特に河川や海辺では水面に映えるネオン管もまた趣がありました。現代に於いては青色LEDの実用化により、緻密で美しい、巨大な画像が街を彩るようになりました。発せられる無制限に表現できるとも言える形や色による情報の動きの早さと正確さ、そして美しさも進化のスピードが極端に上がった事を感じさせます。そして、これらがネオン管に比べてはるかに少ないエネルギーしか必要としないことも進化の別の側面です。これからさらに10年、20年、いや、東京オリンピック・パラリンピックが開催される頃にはどの様な看板が街を賑わせているか、楽しみです。

看板は設置場所により使い方が変わる

街を歩いたり、車を運転していると目に付くのが店の看板や宣伝です。ひときわ目立つ物は、大きさと色使いです。人間は大きな物には敏感で気にならなくてもつい目が向いてしまいます。そして中身を読んでしまいます。看板の目的は建てる場所によりだいぶ違います。勿論目立つ事が第一条件です。例えば道路沿いに運転車をターゲットとしている物は、そこを目的とした方が一目で分かるように場所やルート案内が記載されています。次の信号右折やあと何キロ等運転者にすぐ分かるように記載されています。こうする事で迷わずに目的地まで行けます。そして街中の物は中身が少し違います。これは歩行者を対象としています。経路案内も記載されていますが一番には目立つ事です。街中には数多くの看板があります。そこからより目立つには色や柄です。そしてキャッチコピーなどあれば人は目に焼き付きます。このように設置場所によりだいぶ違います。